【脇の下の痛み.com】〜右の脇の下の痛み〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
wakinositanoitami★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは右の脇の下の痛みについて、詳しく説明しています。

脇の下が痛い場合の原因として考えられる病気は様々です。また左右どちらかに痛みが偏っている場合でも、それぞれ原因となる病気は全く違うものになることもあります。ここでは右の脇の下が痛い場合について、説明していきます。

右の脇の下の痛みの場合、胆嚢炎胆石症肝炎などの疑いが持たれます。
胆嚢炎とは胆嚢に炎症が起きている状態の事をいいます。胆嚢炎と同時に胆管炎も発症していることが多く、総じて胆道感染症とも呼ばれています。胆嚢炎の症状は急性のものだと発熱や嘔吐、痛みは通常右側の胸部・上腹部・脇腹から場合によっては脇の下辺りにまで発生します。時に黄疸を生じることもあります。
胆石症とは肝臓で生成される胆汁の成分が固まって出来る結石が、胆嚢や胆管に溜まってしまう病気です。代表的な症状は胆石疝痛と呼ばれる激しい痛みです。右側の上腹部から胸部辺りに強く刺すような痛みを生じ、胆嚢の筋肉の動きによって発作的に起こります。
肝炎とは肝臓に炎症が起こっている状態のことで、代表的な症状は全身の倦怠感や黄疸、発熱、吐き気、右の脇が痛む、などが挙げられます。

もちろん右の脇の下が痛いからといって、これらの病気ではない違う病気の可能性もあるので、少しでも違和感や異常を感じる場合は早めに医師の診断や検査を受ける事が重要です。


⇒ 左の脇の下の痛み


sponsored link



copyright©2014  【脇の下の痛み.com】〜左右の脇の下が痛い〜  All Rights Reserved