【脇の下の痛み.com】〜乳腺炎〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
wakinositanoitami★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは脇の下が痛む原因となる病気、乳腺炎について詳しく説明しています。

出産前後で発症する乳腺炎には、大きく2種類あります。1つは乳腺に細菌が入り込み炎症を起こしてしまう「化膿性乳腺炎」と、もうひとつは母乳が固まって乳管が詰まってしまう「うっ帯性乳腺炎」があります。通常はおっぱい全体に張りと痛みが生じますが、張る場所によってはしこりができ、脇の下辺りまで広がります。強い痛みと共に、赤く腫れてしまうこともあります。
うっ帯性乳腺炎であれば、患部を冷却した後マッサージでほぐし搾乳して大抵治すことが出来ます。しかし、症状が悪化して細菌が入り込み化膿性乳腺炎になってしまう場合もあるので注意が必要です。乳腺炎は抗生物質を投与したり、患部を切開して排膿しなければ治らないケースも存在します。

化膿性乳腺炎を予防する為には、まず第一に乳房を清潔に保つことです。細菌は乳輪や乳頭から入ってくるので、特に乳首周辺はきれいな状態を保っておくことが重要です。
うっ帯性乳腺炎を予防するには、授乳間隔を空けないことが基本です。赤ちゃんが飲まなかったり飲んでも少量だったりする場合は搾乳して、乳房に乳汁を溜めないようにしましょう。


⇒ 汗腺炎

⇒ リンパ節炎

⇒ 膵炎・膵臓がん

⇒ 肝炎・肝がん

⇒ 胆嚢炎・胆石症

⇒ 肺炎・肺がん

⇒ 狭心症・心筋梗塞

⇒ 乳がん

⇒ 糖尿病

⇒ 肋間神経痛


sponsored link



copyright©2014  【脇の下の痛み.com】〜左右の脇の下が痛い〜  All Rights Reserved