【脇の下の痛み.com】〜リンパ節炎〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
wakinositanoitami★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは脇の下の痛みの原因となる病気、リンパ節炎について詳しく説明しています。

人間の体には血管と共にリンパ管が全身に巡っています。全身の組織中の細胞と細胞との間の組織液は毛細血管を経て血液中に戻りますが、一部(約10%)は毛細リンパ管に入り静脈に送られます。この循環をリンパ系といい、その中を通る液をリンパ又はリンパ液と呼びます。
リンパ管には全身に約600個のリンパ節という豆のような小体が付いています。リンパ節は新しいリンパ球や免疫抗体を産生し、細菌や異物を処理しています。リンパ管は、リンパ節を経由しながら、最後はリンパ本幹となって静脈に注ぎます。

リンパ節炎とはこのリンパ節に炎症が起こった状態で、原因は主に細菌などに感染して起こるものです。リンパ節炎が起こりやすいのは、頸部(首周り)や腋窩(脇の下)、鼠径部(太ももの付け根)で、炎症が起きると同時に腫れや痛みが生じます。
治療としては、原因となった細菌が身体内に侵入するきっかけとなった病気を治療する事が先決になります。しばらく安静にした上で、腫れている箇所を冷やす為に冷湿布などを使用して、炎症が治まるのを待ちます。


⇒ 汗腺炎

⇒ 膵炎・膵臓がん

⇒ 肝炎・肝がん

⇒ 胆嚢炎・胆石症

⇒ 肺炎・肺がん

⇒ 狭心症・心筋梗塞

⇒ 乳腺炎

⇒ 乳がん

⇒ 糖尿病

⇒ 肋間神経痛


sponsored link



copyright©2014  【脇の下の痛み.com】〜左右の脇の下が痛い〜  All Rights Reserved