【脇の下の痛み.com】〜肋間神経痛〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
wakinositanoitami★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは脇の下の痛みの原因となる病気、肋間神経痛について詳しく説明しています。

肋骨は背骨と関節を作っていて、肋骨と肋骨の間に肋間筋という筋肉が張り付いて、肋骨の上下運動を可能にしています。その肋間筋を支配しているのが肋間神経の運動繊維です。他にもお腹の腹筋や、背骨に張り付いて背筋の動きを可能にする脊柱起立筋や、呼吸に必要な横隔膜の一部なども支配しています。

肋間神経痛とはその名の示す通り、肋骨の間に通っている神経が何かしらの原因によって刺激を受けて痛みが発生する病気です。あばら部分を圧迫したり、重たい物を持ち上げたり、くしゃみや咳などして胸に刺激を与えることで痛みを感じます。また、場合によっては単に呼吸をするだけで痛みを感じることもあります。
肋間神経痛の多くが呼吸運動と共に現れるのは、呼吸運動によって肋骨が大きく動くことで、何かしらの要因が肋間神経を圧迫・刺激する為だからです。


⇒ 汗腺炎

⇒ リンパ節炎

⇒ 膵炎・膵臓がん

⇒ 肝炎・肝がん

⇒ 胆嚢炎・胆石症

⇒ 肺炎・肺がん

⇒ 狭心症・心筋梗塞

⇒ 乳腺炎

⇒ 乳がん

⇒ 糖尿病


sponsored link



copyright©2014  【脇の下の痛み.com】〜左右の脇の下が痛い〜  All Rights Reserved